アイコン

2015-03-17

After Effectsで自在にカメラを動かすツール

Base

 

After Effectsを使っていく上で3Dレイヤーは欠かせない機能ですね。

しかしカメラを思いっどりの場所に動かすのが大変…なんてことはありません!

3Dレイヤーにしたらカメラをグリグリ動かすためのカメラツールを使いましょう。

 

カメラツールを使うには?

 

というわけで早速やってみます。

とりあえず平面を作り、3Dレイヤーにします。

camera_002

 

カメラツールはこちらにあるのですが、

camera_001

そもそもカメラを作らないとカメラツールは使えないので

まずはカメラを作りましょう。

 

camera_003

 

そしてコンポジションパネル上でドラッグすると…

このようにグリッとカメラを回転させることができます。

 

camera_004

 

また、カメラツールを長押しすると他にもこんなツールがあります。

 

軌道カメラツール → カメラを回転させる

XY軸カメラツール → カメラの移動

Z軸カメラツール → ズーム

 

camera_005

 

そしてショートカットの「C」キーを押す度にツールが切り替わります。

 

また、その3つを切り替えなくても「総合カメラツール」を使えば、

 

マウスの右ドラッグで「回転」

真ん中ドラッグで「移動」

左ドラッグで「ズーム」を行うことが出来ます。

 

カメラのトランスフォームの数値を変えて動かすのもいいのですが、

こっちの方が圧倒的に便利なのでぜひ使って下さい。

 

もっと詳しくAfter Effectsを学ぶにはこちらの講座がオススメです!