アイコン

2014-12-25

After Effects初心者はテンプレートを使ってみることから始めよう!

アフターエフェクツを使ってみたいけど、とりあえず何から始めれば良いのかわからない…と思ったら

まずはプリセット(テンプレート)を使ってみるのがオススメです。

と言うのも、昔は使いづらかったテンプレートだけど、今はとりあえず使ってみればうまくいくっていう時代です。

 

After Effectsを起動しベースを作ろう

それではまず、アフターエフェクツを起動し

aeb_2_1

適当にコンポジションを作ります。

「コンポジションメニュー」から「新規コンポジション」を選びます。

aeb_2_1_2

ちなみにコンポジションとは↓こちらの通り、画面のサイズや映像の時間を決めた入れ物のことです。

今回は「プリセット」の中のフルHDサイズにしてみました。

aeb_2_1_1 

OKをクリックすると↓このように「コンポジション」ができるのでこの入れ物に中身(素材とか)を詰め込んでいきます。

aeb_2_2

アニメーションする素材を作ろう

それでは文字素材を作りましょう。

「テキストツール」をクリックします

aeb_2_2_2

そしたらプレビューが出るコンポジションパネルで文字を書きましょう。

aeb_2_2_3

こんな感じ。

アニメーションさせてみよう!

 

では「アニメーションプリセットを適用」をしたいんですが、

こちらの「アニメーションプリセットを参照」の方が

adobe Bridgeが立ち上がってプレビュー画面も見れるため分かりやすいです。

aeb_2_3

 

さて、いろいろありますが、今回は文字を打ったので、、、

aeb_2_4

この「text」フォルダを開きます。

aeb_2_5

そして、さらに沢山のジャンルに分かれたテンプレートがありますね。

aeb_2_6

今回はこの中の「animat-in」の中の「ストレッチイン(単語)」を選んでダブルクリックします。

    aeb_2_7

これだけで文字のアニメーションを作ることができるんです。

aeb_2_8

再生して確認するにはこちらの再生ボタンをクリックします。

aeb_2_2_4aeb_2_2_4

もちろん細かい調整も簡単にできる

また、こちらの▲をクリックすると中身を開くことが出来ます。

 aeb_2_9_4

このキー(アニメーションする始点と終点)の幅を調整すれば、アニメーションするタイミングも変えることができます。aeb_2_9_3

 

 

このプリセットは文字だけでなく、写真や動画にも様々なアニメーションのプリセットがあるので

まずはいろいろ試してみましょう。

何しろ、初めてのソフトはよくわからないし億劫になるので、

一番簡単なところから慣れていくのか良いと思いますよー!

 

 

あと、この「基本作業」や「After Effectsとはどんなソフトなんだ?」ってことを

これでもかっ!ってぐらい分かりやすく紹介しているAfter Effects講座基礎編もオススメです。

サンプルもあるので是非見てみて下さい。

effect-basis-316x400

「After Effects講座(基礎編)」はこちら

 

映像制作会社CUBELiC「トップへ戻る」