アイコン

2015-02-20

かっこ良く文字を魅せる!AfterEffectsの使い方3Dテキストの表現

今のAfterEffectsではレイトレースレンダラーを使ったりCINEM4DLiteを使ったりする事で3Dを作ることは出来るようになりましたが、そこまで大変な事をしなくても、簡単に三次元っぽいテキストでかっこ良く見せる!ということを私は良くやります。そこで

初心者でもこれだけは覚えて置いて欲しい

かっこ良く文字を魅せる3Dテキストの作り方

を紹介します

ドロップシャドウとベベルアルファでテキストをかっこ良く

エフェクト>遠近の中にある

ドロップシャドウ

オブジェクトの後ろに影を落とすエフェクト

ベベルアルファ

オブジェクトの縁に光があたったような効果をつけるエフェクト(Photoshopのベベルと同じ)

を設定するだけでかなり、かっこ良くなります

 

元テキストのこれがText0

Text1

こうなります!これだけでかなりかっこよくなっています

ちなみにこんな感じ(ちょっとシャドウを柔らかくしてエッジを太くした程度です)

スクリーンショット 2015-02-20 7.52.13

これは、かなりよく使うと思います。初心者でもかっこ良くテキストを3Dに見せるテクニックです

CC Radial Blurで光にあたった影の表現

さらに、ちょっとしたテクニックでCC Radial Blurを使って、光にあたったような影をつけることが出来ます。

先ほどのテキストにCC Radial Blurを適用すると

こうなりますText3

スクリーンショット 2015-02-20 8.05.05

このままでは元のテキストが消えてしまうのでテキストを複製して上に重ねてCC Radial Blurを適用したレイヤーの色を補正して黒っぽくすると

Text4

スクリーンショット 2015-02-20 8.11.45

エフェクトとしては単純なものの組み合わせですが、いとも簡単にかっこいいテキストの完成です。

テキストの色やカラコレをして調整すればさらにかっこよくなりますので、ぜひ初心者の方もためしてみてください

Base

こういったテクニックってごくごく当たり前のように使っているようなものなので覚えておきましょう

 

AfterEffectsを基礎から学ぶにはこの講座がオススメ