アイコン

2015-02-13

AfterEffectsで綺麗な光の表現!標準レンズフレアの色を変える

AfterEffectsで光を表現することはよくあります。

以前紹介したグローの使い方もそうですが

グローやレンズフレアを組み合わせて綺麗な光を表現しましょう

レンズフレアの色を変える

レンズフレアはAfterEffectsにも搭載されていますが

使い勝手の面から、有償のプラグインを購入して使っている方も多いと思います

特に標準レンズフレアは3種類しかタイプが選べず、色を変えることもできません

ですが、エフェクトを組み合わせることで好きな色に変更することができます

それは

「色合い」エフェクト

「トーンカーブ」エフェクト

です

適用したレンズフレアを「色合い」で白黒にしてから「トーンカーブ」で色を付け直すと言った感じですが調整をすると

Flare

こんな感じになります(今回は太陽っぽい色にしてみました)

それぞれのエフェクトがこんな感じ

スクリーンショット 2015-02-13 16.49.41

たいした設定はしていませんが、これだけでレンズフレアの色は変えることができます

光の表現グローで明るさを自然に

今回はひまわりの写真を例にとってみました

a0070_000210_m

なんのへんてつもない普通のひまわりです

これを今回は「グロー」エフェクトを使います

グローエフェクトは映像の輝度に合わせてグローをかけられるので、こういった時は標準グローを使います

(今回だと、ひまわりの黄色の部分は光らせたくないためです)

Glow

微妙な感じですが、太陽部分が自然に光っているのがわかると思います

ブラーを使ってソフトフォーカスの表現

次に、映像自体に柔らかい光を表現するために

ソフトフォーカスのような効果を与えます

これは単に映像を複製して「ブラー(滑らか)」を使い、映像をちょっとぼかし(今回は24ピクセル)それをスクリーンで合成しただけです

Blur

これで、初期状態に比べて、かなりふわっとした感じの光が表現できました

平面からマスクを使い微妙な光源を表現

さらに、今回は微妙な光源を出すために、オレンジ色の平面にマスクを切って太陽を表現しました

これによって全体的な白い光と淡い日光の明かりが表現できます。最後にレンズフレアを合成する時を考えて暖色系にしています

(不透明度は最終的に8%にしています)スクリーンショット 2015-02-13 17.07.13

これをスクリーンで重ねると

コンポ 1 (0;00;00;00)

こうなります。ちょっと暖かい感じになりました

レンズフレアを重ねて綺麗な光に仕上げる

最後に、最初に作ったレンズフレアをスクリーンで重ねて完成です(今回は複製して2個重ねました)

最初の画像から、がらりと変わったのがわかるでしょうか。

PF

AfterEffectsならこのあとレンズフレアを動かしたりと、アニメーションもさせる事ができるからいいですね

 

結果としてAfterEffectsで綺麗な光を表現するコツは、単純なエフェクトを重ねあわせて作るだと思います

 

AfterEffectsを基礎から学ぶにはこの講座がオススメ