アイコン

2015-04-06

AfterEffectsの使い方|フラクタルノイズで集中線を作る

Base

AfterEffectsはフラクタルノイズでいろいろな表現が出来ます

いろんな使い方を紹介して行きます。

フラクタルノイズで出来る事

フラクタルノイズは本当にいろいろな事が出来るので、全ては分かりませんが

  • ・星空の作成
  • ・光の筋の作成
  • ・アニメで見るような集中線の作成
  • ・水面の作成
  • ・カーテンの作成
  • ・雲の作成
  • ・エネルギーボールのような物の作成
  • ・炎の作成

フラクタルノイズで集中線を作る

では、今回はフラクタルノイズでアニメとかでもよく使う「集中線」を作ってみたいと思います

・新規コンポジションを作成

※フラクタルノイズのみを作るので、最終コンポよりも大きく作成します。ここでは3000ピクセルの正方形)

   スクリーンショット 2015-04-06 7.19.57

そのコンポに平面も同じ大きさで作成しエフェクト>ノイズ>フラクタルノイズを適用

  スクリーンショット 2015-04-06 7.23.18

縦横の比率をオフにして、縦にながーい線を作ります(コントラストを上げると良い)

  スクリーンショット 2015-04-06 7.27.12

そして、その平面にエフェクト>ディストーション>極座標を適用し

変換の種類を「長方形から極線へ」補完を100%にすれば

  スクリーンショット 2015-04-06 7.43.36

縦に伸ばしたフラクタルノイズが中心から伸びる線に変えることが出来ました

これを最終コンポに乗せてマスクをかければ、集中線の完成です

  スクリーンショット 2015-04-06 7.47.53

フラクタルノイズはいろいろな使い方がありますが、フラクタルの展開にエクスプレッションを組めば

自動で動かすことも出来ますし、こんな使い方も覚えてみましょう。

 

AfterEffectsを基礎から学ぶにはこの講座がオススメ