アイコン

2015-02-11

illustratorのパスをAfter Effectsで動かす方法

pas_amine0010

 

illustratorで作ったパスをAfter Effectsでアニメーションさせたいことってありますよね。

そのパスの読み込み方法を紹介します。

 

After Effectsに読み込むためのパスをillustratorで作る

pas_amine001

 

まずはillustratorでアニメーションさせる元となるパスを作りましょう。

今回は簡単に楕円形ツールで丸を作ります。

作るサイズの参考はプリセットを使うといいでしょう。

プリセットの方法はこちらを参照

 

pas_amine002

 

作り終わったらパスを選択し、コピーします。

 

After Effectsにパスを読み込もう

pas_amine003

 

After Effectsを立ち上げてコンポジションを作ります。

そして今回は見やすくするために白の平面を下に敷きました。

 

pas_amine005

 

次にシェイプレイヤーを作成します。

 

pas_amine006

 

そしてペンツールでコンポジションパネルのどこかをクリックして1つ目の点を打って下さい。

(この作業を忘れるとパスがマスクとして張り付いてしまうので気をつけて下さい)

 

pas_amine007

 

そしてペーストします。

 

pas_amine008

 

するとこのようにillustratorのパスを貼り付けることができました。

あとはトランスフォームを開いて「パス」の項目にキーを打ちましょう。

 

pas_amine009

 

そして時間を進めてパスの形状を変えます。

 

pas_amine011

 

今回はハート型にしてみました。

これで自動的にアニメーションのキーも打たれていますので、

再生すると、

 

pas_amine012 pas_amine013 pas_amine014

 

このようにillustratorのパスをAfter Effectsに読み込んでアニメーションさせることが出来ました。

 

illustratorのデータをそのまま読み込んでしまうと画像として認識されてしまうので、

今回のような手段を使っていくといいと思いますよ。

 

After Effectsをもっと詳しく知りたい方はコチラへ!