アイコン

2019-07-19

カメラボケを楕円形にする方法

最近映画を見たときに、レンズブラーが玉ボケではなく

楕円形になっているものがあった。

通常カメラでのボケは玉ボケしか見たことが無かったし

玉ボケが普通だと思っていたが、楕円形のボケも映画っぽくて

素敵だと思ったので、CINEMA4Dで楕円形のボケを再現してみた。

CINEMA4Dで通常の玉ボケ

普通に被写界深度を与えて、標準レンダーで被写界深度を加えると

こういった感じの玉ボケになります

このボケ味を楕円形にするにはどうするか。

カメラのフィジカル設定

カメラを作成し、フィジカルの設定で絞り羽の枚数を上げて

異方性を加えます。

そして、レンダリング設定もフィジカルレンダーを使用

これでレンダリングをすると

ボケ味が楕円形になりました

フィジカルの精度を上げる

このままではボケが汚いので、フィジカルレンダーの精度を上げました

フィジカルの精度を上げると…

こんな感じでキレイになります。

なんとなくフィルムっぽくなりました。

さらにちょっと調整して、画角もシネスコサイズにすると

一気に映画っぽくなりました。