アイコン

2016-06-29

【Premiere pro】Premiereで手ぶれ補正のやり方

pre_Catch

さて今回は、Premiereでの手ブレ補正のやり方を紹介しようと思うのですが、

映像の加工といえばAfter Effects
という認識があるかもしれませんが、Premiereでも手ぶれ補正を加える事が出来ます。

 

やり方はとても簡単。
ワープスタビライザー」のエフェクトを適用するだけです。

今回は、操作画面の簡単な動画を用意しましたので参考にどうぞ!

元の動画では若干ですが手ブレがありますが、

エフェクトを適用すると揺れを軽減することが出来ます。

現在はスタビライズの「結果」が、「滑らかなモーション」となっているので元のカメラの動きを保持しつつ、滑らかにする設定になっているので動きが残りますが、

手ブレ

モーションなしに設定すると、動きを全て除去するので完全に固定した状態になります。

あまり動きの無いものならこのままでも良いのですが、カメラ自体に動きがある場合は上手く行かないことがあります。
その辺はエフェクトの設定の補間方法やフレームなどを調整してみてください。

 

Premiere Proについて詳しく学びたい方はこちらの講座がおすすめ!