アイコン

2014-12-05

CINEMA4D_スイープNURBSの使い方

スクリーンショット-2014-11-27-7.54.50-1024x760

CINEMA4DにはNURBSと呼ばれる、非常に協力なモデリングツールがあります(R15以降はNURBSと表記しなくなりました)

スイープ(NURBS)とは

  • スイープオブジェクトは、断面スプラインを、パススプラインに沿ってスイープさせてオブジェクトを作成するもの(ヘルプから引用)

です。

ちょっとわかりにくいですが

スクリーンショット 2014-11-27 7.54.50

断面に小さい四角 パスに大きい四角

これをスイープオブジェクトに入れ込むと

スクリーンショット 2014-11-27 7.59.23

パスに沿って断面が走り(スイープし)オブジェクトを形成します

しかし、スイープを使っていると、頻繁に断面スプラインの方向が変更されてしまいおかしな方向に曲がってしまう事があります

バンクオプションのON/OFF

スクリーンショット 2014-11-27 8.08.24

そんなときは取り敢えず、バンクオプションのON/OFFを試してみましょう

レールスプライン

もうひとつ、スイープオブジェクトにはレールスプラインというものが設定できます。私も知らなかったのですが3番目のパスを入れることで断面が走って行くサイズを決めるような使い方が出来るようになりますこのみっつのパスを使うと…

スクリーンショット 2014-11-27 8.32.00

スクリーンショット 2014-11-27 8.34.25

 

パスとレールの間を断面がサイズを変えながらスイープしていく

ようになります。

パスの分割数を変えれば滑らかになりますし

今まで、こういったオブジェクトはロフトNURBSを使って作っていましたからレールスプラインを使うと便利ですね

まとめ

・スイープ(NURBS)は非常に便利

・意図せず断面パスが反転してしまう時はバンクのON/OFFを試してみる

・レールスプラインを使って断面の向きを制御する

・レールスプラインで断面のサイズを自由に調整して使う

ということだと思います

スイープNURBSの使い方の参考にしてみてください。

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ