アイコン

2015-08-04

CINEMA4Dのカメラを自由自在に操る!カメラアニメーション講座発売!

CINEMA4D講座に新しい講座が登場しました!

 

その名も「カメラアニメーション編」です。

3DCGでカメラを思い通りに動かすのは意外と大変。。。

僕も最初はいろいろ苦労したりさまざまな事を試して

やっと思い通りに動かせるようになった経緯を踏まえて

そのノウハウを詰め込んだ映像講座を作ることにしました。

 

CINEMA4Dカメラアニメーションに特化した講座

cam_img 

 

カメラをアニメーションさせる事は実際の制作においてもかなり多いんですが、

なかなか思い通りの動きをつけるのは大変です。

CINEMA4Dなら基本的なカメラにキーを打ってアニメーションさせたり、

作成したパスにカメラを追従させることだけでなく、

カメラに予めキーを打ってアタリを付けてそれをパスに変換してスムーズに動かしたり

複数のカメラを使ってスイッチャーのように切り替えるステージという機能など

カメラアニメーションを付けるのに便利な機能が様々あります。

 

ビル群を駆け抜けるフライスルーアニメーション

 

代表的なカメラのアニメーションと言えばオブジェクトの合間を縫っていくような、

いわゆる「フライスルーアニメーション」があります。

今回のカメラアニメーション編では高層ビルに見立てた簡単なオブジェクトを作り

その間をフライスルーアニメーションさせます。

 

cam_news01

 

複数のカメラを切り替えるアニメーション

 

CINEMA4Dのステージオブジェクトという機能を使えば

こんな感じで複数のカメラを切り替えるアニメーションを作ることができます。

レンダリングしてAfter Effectsでつないで確認しなくてもCINEMA4D上で

スイッチャーのように切り替えられるためとっても便利です。

また、このモデルやアニメーションも皆さんと一緒に作っていきます。

 

この機会にぜひ覚えてさらなるスキルアップを目指して下さいね。

CINEMA4Dカメラアニメーション講座のページはこちら