アイコン

2016-03-14

CINEMA4Dの便利な使い方│オブジェクトを中心に作る

SS0

CINEMA4Dはオブジェクトを作るとワールド原点(XYZ=0)に作られます

 SS2

ワールド原点を起点にモデリングしていくときに便利です

ちなみに今のバージョンは環境設定で、今のビューの中心に新規オブジェクトを作ることも可能にはなっています

SS3 SS4

これは他のMayaやMaxなどほかの3Dソフトから移行した場合、どっちが使いやすいかというところですが

私は、ビューの中心では無く、ワールド原点に新規オブジェクトを作るようにしています

ワールド原点でオブジェクトを作る事で、そこから何センチ動かして設置するというようなしっかりした作りが出来るためです。

特にフォトリアルなモデリングをするためには正確な寸法や位置決めをする必要があると思うので、必ずワールド原点で物を作るようにしています。

しかし、オブジェクトを移動した後に、その場所でNURBSや他のオブジェクトを作りたい時があります

オブジェクトを中心に作るにはOptionクリックでオブジェクトを作成

 CINEMA4Dには転写コマンドがあり、一応オブジェクトを指定したオブジェクトに移動させる事ができます

 SS5 

 転写先にオブジェクトを指定して、適用を押せば移動します

しかし、いちいちオブジェクトを作った後に「転写」でオブジェクトを移動するのは、かなり煩わしいです…

そこで便利なキーがOptionクリックでオブジェクトを作成です

この状態の右の立方体を選択して、OptionでNURBS(サブディビジョンサーフェス)を作ると、選択した立方体の中心に新規で作ってくれます

 スクリーンショット 2016-03-14 11.40.40スクリーンショット 2016-03-14 11.40.48

建築CGなんかで物がたくさんあるときには、重宝します

NURBSやヌルオブジェクトでグループ化するときに、だいたいみんな使っている事だと思いますが

最近まで僕も知らなかったのですが

Option新規作成=オブジェクトの中心に親として新規作成

ということで新たに作るオブジェクトがパスだろうと立方体だろうと、すべて中心で親として作ってくれるのです

それと対になるのが

Shift新規作成=オブジェクトの中心に子として新規作成

です。つまり

親として作るならOptionキー

子として作るならShiftキー

ということです。これをうまく使いこなせば狙った位置にオブジェクトを作ることは簡単にできるようになります

僕は最近、Shiftキーで同じ位置に子としてオブジェクトを作って

子から出して新しいグループにしたりしています。

先ほどの転写コマンドは、後からオブジェクトを移動したい時に使う程度で良さそうですね。

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ