アイコン

2015-05-18

CINEMA4D|親オブジェクトに合わせてデフォーマーを作る

Base

簡単な小技ですが

CINEMA4Dでデフォーマーを作成するときに

オブジェクトにピタリと合わせて作ることが出来ます。

何気に、これって便利なんですよね。

CINEMA4Dはオブジェクトを作ると、必ずワールドの原点にオブジェクトが作られてしまいます

NURBSオブジェクトやデフォーマーやヌルといったものを作るときには、オブジェクトを移動した後に作る事もあるので、ワールド原点に作られてしまうと何かと不都合も出てきたりします。

そこで、オブジェクトを移動してしまっても、そのオブジェクトに合わせてデフォーマーを作り、さらにオブジェクトの大きさに合わせてデフォーマーを作ってくれる、便利なショートカットをご紹介

 

Siftキーを押してデフォーマの形を親にあわせる

作成は超簡単。

デフォーマを処理したいオブジェクトを選択して

Siftキーを押しながらデフォーマを作成する

だけです

 スクリーンショット 2015-05-18 7.51.19

このオブジェクトを選択してSiftキーを押しながらデフォーマを作成すると…

 スクリーンショット 2015-05-18 7.51.33

デフォーマがオブジェクトに合わせて作成されました

ちなみにCINEMA4DR16にはデフォーマを作成した後に

「親オブジェクトに合わせる」

というオプションがありますが

 スクリーンショット 2015-05-18 7.54.05

これを後から押すのと同じ事になります。

作成段階からSiftキーで親にあわせて作ってしまったほうが、早いですし

なにより、以前のCINEMA4Dでこのオプションがない場合には便利なショートカットです

このショートカットを使えば、親にあわせて位置も調整してくれるので非常に便利です

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ