アイコン

2015-03-22

CINEMA4D透過の屈折率でガラスを作る

3DCGを作る上で透過の「屈折率」を知ることは重要です

リアルな物を作る上で、実際の屈折率はきちんと調べるようにしましょう

インターネットで屈折率を調べればたくさん情報がありますし

こういったサイト「屈折率データ」で屈折率を調べるといいです

ガラスの屈折率1.51

おそらく一番使う屈折率はガラスだと思います

        スクリーンショット 2015-03-22 10.38.49

単に透過にしただけでは、レンダリングしても確認できなくなってしまいますが

屈折率に1.51を入れると

            スクリーンショット 2015-03-22 11.29.54

それだけで、ガラスが出来上がります

       Glass

水の屈折率1.333

コップの中に水とするオブジェクトを置いて、水の屈折率を与えると

       Glass2

リアルにするにはさらに調整は必要でしょうが、これだけで水の表現は簡単に可能

ちなみに屈折率でどれだけ見た目が違うかの試しで

灯油の屈折率を与えてみました

       Glass3

屈折率でだいぶ見た目が変わるというのが分かると思います

 

透過の屈折率といのは適当に与えるのでは無く、まずは狙い通りの材質の屈折率をしっかり与えて

そこから調整していくといいと思います

       Glass4

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ