アイコン

2014-12-30

CINEMA4Dとグラフィックボード

CINEMA4Dを使う上でグラフィックボードに悩んだことがあり、ちょっと調べてみた事があります

グラフィックボードもいろいろな種類があり、値段もピンきり。

CINEMA4Dではどういったときにグラボのパワーを使うのだろう…

P1030034

CINEMA4Dとグラボの関係

CINEMA4Dでオブジェクトが多くなったときや

MoGraphといったものでたくさんのオブジェクトを複製すると表示が遅くなります。

ではグラボが良い性能を持っていればよいかというと

グラボは関係ありません

MoGraphやブール演算といったほとんどの作業はグラボでは無く

CPUを使っています。

なのでグラボを変えたからといって性能の差を感じることはほとんど無いと思います

CINEMA4DはOpenGL処理にグラフィックボードを使っていますので

一般設定でOpenGL性能を確認して、この性能を全て持っていればグラフィックボードとしてはOKです

スクリーンショット 2014-12-30 11.28.03

CINEMA4DとCPUの関係

では次にCPUについてです。

今はパソコンを買うときにCPUもコア数が多く2コアや16コアというものが選べます。

しかし

先ほどのMoGraphを使った時のように動作が重くても、CPUはほぼ一個しか使っていません

つまり16コアのCPUを持っていても、少ないコアと変わらないという事です

どれだけの処理がCPUを複数使うかはアクティビティモニタ等で確認するしかありませんが

CPUの数では劇的な変化は無いと思います

スクリーンショット 2014-12-30 11.47.42

レンダリングとCPUの関係

ではCPUのコア数が多いとどういった時に有利なのかと言うと

それは

レンダリング

です

レンダリングをするときはCPUをフルで使うことが出来ます

スクリーンショット 2014-12-30 11.54.46

CPUが多いとレンダリングも早くなりますし、さらにはメモリをたくさん積めばその分レンダリングを早くすることに繋がります。

まとめ

  • ・CINEMA4Dでグラフィックボードはそこまで重要では無い
  • ・CPUのコア数でビューの処理はほとんど変わらない
  • ・CPUのコア数が多いとレンダリングに有利
  • ・さらにメモリを多く積むとレンダリングに有利

だと思います。グラフィックボードを選ぶときは参考にすると良いでしょう。

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ