アイコン

2014-12-20

CINEMA4Dのバージョンを使い方で選ぶ

CINEMA_4D_R16_Packshot_Range

CINEMA4Dとひとくちに言ってもバージョンがいくつかあって、購入の時に「どれを選んだらいいんだ…」と迷う事があります。

どのバージョンが用途に適しているのか

を迷わないように、解説しておきたいと思います。

CINEMA4Dのバージョンと価格

CINEMA4Dのバージョンは現在4つあります

それぞれ

  • CINEMA 4D Prime R16            ¥112,000          
  • CINEMA 4D Broadcast R16      ¥208,000          
  • CINEMA 4D Visualize R16        ¥256,000          
  • CINEMA 4D Studio R16           ¥480,000          

                           (2014年12月現在)

こうなっていて、下位バージョンと最上位バージョンでは実に36万8千円もの差があります(開き過ぎですね…)

バージョンによる機能の違いはMAXONのホームページに記載がありますが、初心者にはいきなりチンプンカンプンな用語ばっかり…

CINEMA4D Prime

CINEMA_4D_R16_Packshot_Prime_Right

 

CINEMA4Dの下位バージョンCINEMA4D Prime(プライム)

基本的なモデリングツールはどのバージョンでも同じものを持っているので、モデリングを始めたい人にはオススメです。以前のバージョンではフォトリアルを作るためにも必要なグローバルイルミネーションが入っていませんでしたが、現在のR16にはグローバルイルミネーションも使えるので

CINEMA4Dを試したい

という方には良いと思います

ただし、一歩進んだアニメーションや後から説明するMoGraph(モーグラフ)が使えないので、そこだけがネックです。

たまにキャンペーンがあって、PrimeからBroadcastやStudio等へのアップグレードが出来るときがあるので、取り敢えずCINEMA4Dの世界を体感したい方にはいいと思います

CINEMA4D Broadcast

CINEMA_4D_R16_Packshot_Broadcast_Right

CINEMA4D Broadcast(ブロードキャスト)

Broadcastとは放送関係の事を言い、その名の通り、放送関係(テレビ番組のタイトルアニメやモーショングラフィックス等)のCGを作る上で最適なバージョンです。

このバージョンではCINEMA4Dの最も優れた機能(と思います)MoGraphが使えます

MoGraphは

オブジェクトを効率よく配置して、簡単にアニメーションさせる事ができます

MoGraphで作った動画はインターネットでたくさん見られると思いますが

とにかく凄い!機能です

MoGraphの使い方の講座も製作予定で、AfterEffectsCCに付属しているCINEMA4D LITEでもMoGraphが一部使えます(CINEMA4D LITEの使い方講座

このバージョンを使えば、アニメーションにも強いので、かっこいいアニメーションをつくろうと思う方にはオススメです。

CINEMA4D Visualize(ビジュアライズ)

CINEMA_4D_R16_Packshot_Visualize_Right

CINEMA4D Visualizeは俗にいう建築用に特化したバージョンです

主にレンダリング関係や、ライト関係がPrimeバージョンから進化した感じです。

建築用に芝生のマテリアルを作れたり、IESライトというものを使えたりします

しかし、決定的なデメリットとして前述のMoGraphが使えないというのがあります

MoGraphは強力な複製ツールにもなりますから、例えばビルの1階を作って上に複製していくとかいう使い方が出来ません。私は建築でもMoGraphは必要だと思うので、Visualizeはかなり特化した用途だと思います

CINEMA4D Studio

CINEMA_4D_R16_Packshot_Studio_Right

CINEMA4D Studio(スタジオ)は最上位バージョンであり、CINEMA4Dの全ての機能が使え

物理演算のDynamics(ダイナミクス)やSculpt(スカルプト)も使えます。

このバージョンを買えれば一番いいのですが、機能比較を見て、どうしても必要な機能が無い限りは選ばなくてもいいと思います

結果一番オススメのバージョンは?

用途によりますが、私がオススメするバージョンは

CINEMA_4D_R16_Packshot_Prime_RightCINEMA_4D_R16_Packshot_Broadcast_Right

 

 CINEMA4Dを試したくてモデリングを主に考えるなら=Primeバージョン

MoGraphを使ってアニメーションを中心にやりたいなら=Broadcastバージョン

がいいと思います。

 

CINEMA4Dの使い方を学ぶならこの講座がオススメ