アイコン

2017-10-24

カラーグレーディングについて

Base

カラーグレーディングソフトとして有名なDavinciResolveと

AdobePremiereProでLumetriエフェクトを使ってグレーディングをするとどう違うのかを検証してみました。

V-Logと標準での階調の違い

まずは、比較としてV-LogLとスタンダード画質での違いを見る。

Log撮影に関しては詳しく説明しませんが、標準よりも豊かな階調を残した撮影が出来るものという感じです。

カラコレ前提の形式なので、Logで撮影するとコントラストの低い画になります

420st(Pr)

スタンダード画質で撮影したものがこちら

420st(Pr)のコピー

V-Logで撮影したものは明るく白飛びした部分に階調が残っているのが分かると思います。

420比較

これがLogで撮影する利点だと思います。

メーカーから提供されているRec709のLutを当てるとV-Logで撮った物が

Vlog_1.1.1

こうなりますから、Logで撮ってLutを当てると言うのがスタンダードで撮るより私は好きです

Lut(ラット)とはカラコレの情報を詰め込んだファイルみたいな感じで、PremiereやDavinciでも使うことが出来るものです。

DavinciResolveによるカラーグレーディング

では実際にDavinciResolveでグレーディングしてみて違いを検証したいと思います

グレーディングの方法はいろいろなところにチュートリアルがありますので、割愛して

昼を夜に変えたようなグレーディングをしてみます

明るい窓とか考えずに撮っているので、完全な夜には出来ませんが、Davinciでグレーディングするとこんな感じです

Night_1.1.1

ちなみにノードは3つ足しています。

スクリーンショット 2017-10-24 13.11.23

DaVinciResolveはカラーグレーディングのソフトだけあって、こういう作業がかなりやりやすいです。

PremiereProでのグレーディング

次に、同じようにPremiereProでグレーディングをしてみます…

PremiereProでグレーディングを行うときはLumetriエフェクトを使いました

Rec709のLUTを当てた後にグレーディングをしてみます

PremiereNight

まあ結果は分かると思いますが、Premiereでは限界がありますね…

どう頑張っても私の技術では暗闇の画にしかなりませんでした…

DaVinciからLUTを書き出してPremiereに当ててみる

次にDavinchi側から先程のLutを書き出して

PremiereでLumetriエフェクトを使ってあててみます

スクリーンショット 2017-10-24 13.28.38

DaVinciからLutの書き出しはグレーディングしたものを出しています

そしてPremiereでLutを当ててみると…

LutNight

こんな感じでDavinciでグレーディングしたものとかなり似たような感じのものになります

DaVinci ResolveとPremiereの比較

最後にDaVinciでグレーディングしたものとPremiereでLUTを当てたものを比較してみます

Night比較

ほとんど違いは無いですが、こうしてみると、PremiereでLUTを当てたものは

画面右側が濃くなっています。

実はDavinciでのグレーディングでは、後ろのドア部分が暗すぎたので

画面右に明るくなるようにグラデーションの補正をかけています

スクリーンショット 2017-10-24 13.41.21

これです。このグレーディングがLUTに反映されていないのか、PremiereでLUTを当てたときは

若干色味が変わってしまっています

まとめ

カラーグレーディングとしては、やはりDaVinci Resolveを使うほうが楽ですね

Premiere単体でグレーディングするには、難しすぎるという印象。

最低でもDavinchiでLUTを作ってPremiereで当てるというのが良いと思いました。

ただ、意図したようにLUTには書き出せていないようなので

一番良いのはDavinciで仕上げることだと思いますが

DaVinci単体で編集も仕上げるのはどうなのかなと…

私のやりかたとしては、Premiereで編集は仕上げる

そのタイムラインを持っていってグレーディングはDavinciで仕上げる

まだ完璧にPremiereのタイムラインを持っていくことが出来ていないので

そこら辺もいろいろテストして記事にしたいと思います