アイコン

2016-08-12

【Premiere Pro】スライドショーに便利!タイムラインの素材のデュレーションを一気に変更する方法

Base

Premiereで簡単なスライドショーなどを作るとき、素材を一気に並べたは良いが、

全ての素材のデュレーションをとりあえず変更したい時、皆さんはどうしていますか?

 

1つずつ地道に変更していたりしませんか?
そんなことをしなくても一気に変更する方法があるのです。

それはとても簡単でデュレーションを変えた際にできる隙間まで埋めてくれます

 

さてその方法ですが、

タイムラインの素材を選択して、右クリックから速度・デュレーションをクリック

するとこんなウィンドウが出てきます。

duration_0

このデュレーションを変更すればOKなんですが、

duration_5
このままOKをするとデュレーションを伸ばした場合は
現在は隙間なく並べられていますので当然クリップは伸ばすことができません。

duration_6
縮めた場合でもその分隙間が空いてしまいます。

duration_4

そこで、この「変更後に後続のクリップをシフト」のチェックを入れてからOKを押して下さい。

duration_3

すると伸ばした分・縮めた分だけクリップが移動されます。

伸ばした場合

duration_2

縮めた場合

duration_1

これでデュレーションを一気に変更できますが、
残念ながらデュレーションの調整をする時にプレビューができないのでどれだけ実際に変更されたのかの確認ができません。

 

当たり前ですがざっくりとした変更になりますので
この作業を行った後に「微調整をする」前提で行いましょう。

 

微調整にはリップルツールを使うと楽だと思います。

1つ1つするのとは効率が全然違いますので是非試してみてください。

 

Premiere Proについて詳しく学びたい方はこちらの講座がおすすめ!