アイコン

2015-10-28

【Photoshop】簡単に、写真を鉛筆画風に加工する方法

illustcomp

今回は、写真を鉛筆画風に加工する簡単な方法をご紹介したいと思います。

 では、加工前と加工後を御覧ください。

Before   After

今から紹介する方法で写真をこんな感じの鉛筆画のように加工することができます。

 

まず、元の写真のレイヤーを4枚くらいに複製します。

次に、一番下のレイヤーを色相彩度で彩度を-100まで落とし、レベル補正で白く飛ばします。

数値は大体、白を140くらいです。これをベースとします。

saturation Level 

2枚目のレイヤーは色味をつけますので、フィルターギャラリーからカットアウトを適用。

フィルターギャラリーはフィルターメニューの中にあります。

レベル数を4、エッジの単純さを0、正確さを2のこんな感じの粗さになるようにします。

filter   cutout

 そして描画モードをスクリーンに変更。

screen

3枚目は鉛筆のタッチをつけるため、フィルターギャラリーの色鉛筆を選択。

芯の太さを2、筆圧3、用紙の明るさ50にしてこんな感じで適用。

Pencil

 そして描画モードをピンライトに変更。

Light

4枚目は、輪郭を出します。他のレイヤーと同じくフィルターギャラリーから、コピーを適用。

ディテールと暗さを共に2にして適用します。

copy

あとは、これを乗算にすれば完成です。

Multiplication

好きなように色合いや背景色などを変えればこんな感じで仕上げることができます。

 

illustcomp

まとめ

色相彩度レベル補正で、ベースを作る。

フィルターギャラリーのカットアウトで、色味をつける。

フィルターギャラリーの色鉛筆で、タッチを調整。

フィルターギャラリーのコピーで、輪郭を強調する。

 

他の写真でする場合は2枚目と3枚目のレイヤーの描画モードや不透明度を調整するといい感じになると思います。

今回はこの写真の場合で紹介しましたので、この方法ですべての写真が、綺麗に加工出来るわけではありませんが、一つの方法として覚えておくといいですね。

 

フォトショップをもっと詳しく学びたい方はこの講座がオススメ