アイコン

2014-12-01

【超初心者向け】フォトショップで円を切り抜くスピードが10倍早くなる方法

フォトショップを普段使っている方は当たり前でしょうが、
初心者の方は必ず知っておいて欲しい基本を解説しておきます。
このテクニックを使う使わないではフォトショップでの作業時間が10倍早変わってきます。
また様々な機能で応用出来ます。

まずは円を描いてみよう!

ステップ①
正円の円を作るための「シフトキー」

まず、図形を描くために楕円形ツールを選択します。

ps_b_001sozai_1

次に

ps_b_001sozai_2
フォトショプで楕円ツールを選択しカンバスでドラッグすると上記のように選択範囲の円が作れますが、
目測で正円を作ることは非常に困難です。
そこでキーボードの「シフトキー」を使いましょう。

ps_b_001sozai_3
「シフトキー」を押しながらドラッグすると楕円ではなく正円を作ることができます。

思い通りの地点から円を描こう!

ステップ②
ドラッグ開始地点を中心にする「オルトキー」

正円が作れるようになったら次は、ドラッグしたポイントを中心に円を作ることを覚えましょう。
これを知らないと中心を予想しながら円を作ったり、作った後で移動させたりとても手間です。
そこでキーボードの「オルトキー」を押しながらドラッグしましょう。

ps_b_001sozai_4
するとドラッグしたポイントを中心に円を描くことができます。

キーを組み合わせることでさらに便利に!

ステップ③
2つのキーを組み合わせる

上記②つの方法を覚えたら組み合わせてみましょう。
「シフト+オルトキー」を押しながらドラッグします。

ps_b_001sozai_5
すると、任意の場所から中心に正確な正円を作ることができます。

円を描画中でも移動させる方法!

ステップ④
作業中の円を移動させる「スペースキー」

円を作成中に場所がズレたり、ちょっと移動したいってことがあると思います。
その場合、「スペースキー」をを押しながらドラッグすると選択範囲を作成中でも移動することができます。

ps_b_001sozai_6

というわけで、フォトショップを使っている人には当たり前ですが、
使いはじめの人にはきっと役立つテクニックです。
これを使えばフォトショップでの作業時間が10倍早くなりますし、
「シフトキー」「オルトキー」「コントロールキー」「スペースキー」は
フォトショップだけでなく様々なアプリケーションの基本的なショートカットに割り当てられているので今後応用できると思います。

以上のことは1度覚えれは当たり前になりますが、

必ず知っておかなければならない基本です。

 

まとめ

・シフトキー+ドラッグ = 正円、正方形を作る。

・オルトキー+ドラッグ = ドラッグした開始地点を中心に図形、選択範囲を作る。

・シフト+キー = ドラッグした開始地点を中心に正円、正方形を作る

・ドラッグ中にスペースキー = 作業中の図形、選択範囲を移動させる

 Photoshopの使い方講座はこちら

 

 

映像制作会社CUBELiC「トップへ戻る」