ttl-page-point

まずはこちらのCMをご覧ください。

こちらの動画はビデオカメラで撮影した映像素材をもとに、
Adobe Photoshop(画像加工ソフト)Adobe After Effects(アニメーション制作ソフト)Adobe Premiere(動画編集ソフト)を使い制作しました。

これらのソフトは映像制作をする上で必要なソフトで、
世界中の映像クリエイターに使用されています。

つまり!
これらのソフトの使い方と作業の流れを理解できれば、誰でもこのような映像を作ることができ、その気になれば映像業界で活躍することができるのです。

しかし、これら多機能&高性能なソフトウェアには難解で分厚いマニュアルがつきものです。一人で操作方法や、効率的な使い方をマスターするには膨大な時間と大変な根気が必要です。

そんな問題を解決するのが
「プロになる!プロを育てる!映像講座」です。

photo-page-pointo01

ttl-page-point01

映像制作の仕事を行う上で知っておく必要がある業界の基礎知識、企画のやり方、コンテの書き方から撮影技術から、画像加工ソフト、アニメーション制作、映像編集ソフトの使い方まで映像制作のワークフローを基礎から徹底レクチャー!
photo-page-pointo02

ttl-page-point02

講師の実務体験による現場に役立つソフトウェアの使い方からテクニックを伝授!実務現場で即実践可能なテクニックを満載。専門学校以上のスキルとノウハウを身につける事ができます!
photo-page-pointo03

ttl-page-point03

自分のペースで講座を見ながら実用に近いレッスンデータを実際に操作しレッスンを進めることができます。分かりにくい操作も、繰り返し行うなうことで完全に自分のものにすることが出来ます。
photo-page-pointo04

ttl-page-point04

これまでの映像講座とは異なり、周りくどいソフトウェアの説明や多彩なツールの紹介などはホドホドに留め、映像制作の現場で必要な使用頻度の高い操作方法と、スキル、テクニックを中心に学習していきます。映像制作の現場で即戦力となれるようカリキュラムを組み上げました。

「プロになる!プロを育てる!映像講座」はこのような方にオススメです。

  • 映像制作・マスコミの仕事に就きたい人
  • 映像専門学校へ行きたいと思っている人
  • 独学・書籍だけで映像ソフトの操作を覚えようと思っている人
  • ソフト単発ではなく映像制作の流れを一貫して勉強したい人
  • 映像制作会社の人事担当の方(新人育成に最適)
  • 映像専門学校の講師(講師育成にも役立ちます)

当講座・専門学校・参考書を比較表

映像を見ながらパソコンを操作し、実践的なテクニックと知識を学んでいくため、他に比べ圧倒的にスピーディで、業界に通用するスキルが身につくのが本映像講座の特徴といえます。

  専門学校 参考書 映像講座
価格 年間 150万円~200万円 1冊 3,000円~5,000円 1本 1万円前後
対象 初心者 初心者~中級者 初心者~中級者
授業スピード ×
実践テクニック
映像業界のスキル ×
プロとしての通用度 ×
習得時間 × ×
アフターケア × × ◎(メール対応)