アイコン

2015-08-04

Premiereで発見便利なショートカット

Base

最近はもっぱら編集はPremiereを使うのですが

なにかとショートカットが無くて使いづらいなと思っていました…

もともとはFinalCutを使っていたので、クリップをフレーム単位で動かしたりということや

初期設定ではShift+→で移動する距離が5フレームしかなく、マウスをあまり使わない編集はやりづらかったです。

が!

PremiereがCC2014になってからShift+→で移動する距離を選べるようになりました。

環境設定でShift移動量を変える

やり方は簡単

環境設定の中にある「再生」設定での移動量を変えればOK

 スクリーンショット 2015-08-04 7.38.49

僕は移動量は30フレーム(一秒)にしています。

こうすると、編集していて少し前から再生をするというのを、Shiftを押しながら矢印をポンポンと押して

2秒前から再生をするなんて事が簡単です。

初期設定だと5フレームなので、2秒前から再生するのに何度も矢印を押さなければならないという

あまりにも使いにくいです

そして、もうひとつ

クリップを選択した状態でコマンド+矢印を押すと

選択クリップを1フレーム単位で移動することが出来ます。

これは音合せなんかのタイミングを取りたいときにかなり頻繁に使います

Shift矢印の移動量を環境設定で1秒にしているので

コマンド+Shift+矢印

クリップを一秒動かすことが出来ます

このショートカットのお陰で編集の速度が格段に上がりました!

Premiereってショートカットが見つけづらいですよね…

他にもいいショートカットがあったら紹介します。

 

Premiere Proについて詳しく学びたい方はこちらの講座がおすすめ!